イメージフォーラムフェスティバル2014にて
『日々”hibi”AUG 6 years mix [2008-2013]』が上映されます。

ニューフィルム・ジャパン 日本招待部門
Eプログラム「狩猟するイメージ」
(東京 04.29, 05.02 京都 05.19  福岡 06.04 愛知 06.20)

hibi-AUG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々”hibi”AUG 6 years mix [2008-2013]/ 50’00”/2013/digital

8月の日々。毎日15秒ずつ撮影したカットを31日間つなげることで生成される即興映画です。
2008年から2013年までに制作した6作を “6 years mix” としてまとめました。
毎日の撮影は、月齢をもとに決められた時刻に行いますが、撮影についてその他の制限は設けていません。
編集作業は、すっかり忘れてしまった光景を再発見しながら、毎年12月にまとめて行っています

<作品について>
テキストを書きました。(2014年5月)
2004年に制作した映画『日々"hibi"13 full moons』との関係など

 

IFF2014

イメージフォーラムフェスティバル 2014
http://imageforumfestival.com/program02

 

長編化する個人映画・実験映画

今年の上映作品には中長編が多い。一般公募ノミネート作品、日本招待作品ともに
見られる傾向で、ノミネートに至らなかった一般公募部門の応募作品にもこの傾向
は顕著にあった。これは日本作品に限らず、海外招待作品にも共通する現象だ。

そうして中長編作品でとりわけ目を引くのは長期撮影によるパーソナル・ドキュメ
ンタリー群である。日本招待作品で言えば、前田真二郎『日々”hibi”AUG 6 years
mix [2008-2013]』、大木裕之『メイII』、このジャンルの先行世代のかわなかのぶ
ひろの「痕跡 imprint 内藤陳がいたー(完全版)」、一般公募ノミネート作品では
齋藤正和『休日映画2009-2013』などである。ビデオ草創期からの膨大なフーテー
ジを再構築するかわなか作品、コンセプチュア ルで即興的な前田作品、5年間の5月
を独特の感性で紡ぐ大木作品、家族をモチーフにしながら外界との回路を示す齋藤
作品と、その表現としての形はどれも まったく異なる。その見比べを是非お勧めし
たい。手塚眞の『惑星TEトLA』もそのパーソナルな精神という意味では重なってく
るのかもしれない。

ドラマ的な作品も多彩だ。ノミネート作品では『みちくさ』(中尾広道)『残光』
(広田智大)、招待作品であれば『最後の天使』(伊藤高志)、『Rabbit』(徳本
直之)などである。テレビなどの既製ドラマとは対極的なナラティブ表現にも注目
していただきたい。

今年の日本作品は、一般公募ノミネート作品が16作品、日本招待作品が31作品
(内インスタレーションが 2作品)の47作品、全11プログラムで構成される。

IFF2014 パンフレットより

 

back