活動記録(詳細)
2020 | 2019 | 2018 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010
2009 | 2008 | 2007 | 2006 | 2005 | 1996~2004




2013 archive


af01logo

 

 

 

 

展覧会の企画・構成を担当

> アーカイブページ

>記録写真


 

 

 

 

 

福島映像祭 2013
2013年 9月16日(月祝)19日(木)[BYT上映]
ポレポレ東中野/スペース&カフェポレポレ坐
主催 NPO法人 OurPlanetTV
共催 ポレポレ東中野/早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース

 

「ある一日を撮影、前日に声を録音、あくる日に声を録音」という指示書をもとに
制作された5分間の作品群の中から、福島を舞台にしたものを中心に 12作品をオム
ニバス形式で上映。相馬市でボランティア活動をした日、郡山に住む兄を訪ねた日、
高速増殖炉もんじゅを訪れた日…。2011年から2012 年にかけての”ある日”の記録
が集積することで、あの時期の世の中が持っていた気分が見えてくる―

 

BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW [12films]

BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW
Omnibus 2011-2012 for Fukushima
(2011-2012年/日本/66分/SELECTED by 石川多摩川)

 

1 前田真二郎 “ITO-kun”/2011年3月27日
2 鈴木光 “IN THE CAR”/2011年4月3日
3 中沢あき “neon no kuni / land of neon”/2011年4月10日
4 池田泰教 “A Quiet Day”/2011年5月15日
5 齋藤正和 “The Horse”/2011年5月21日
6 大木裕之 “May_be”/2011年5月26日
7 上峯敬 “Monju”/2011年5月31日
8 高尾俊介 “Hazuden/Electoricity”/2011年6月19日
9 西村知巳 “SEAGULL”/2011年8月31日
10 池田泰教 “Hanging in mid-air”/2012年1月8日
11 高嶺格 “VOICE OVER FUKUSHIMA”/2012年1月21日
12 五十嵐友子 “AGATHA”/2012年3月11日

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ARS ELECTRONICA 2013 > Japan Media Arts Festival

 

オーストリアのリンツ市で開催される「アルスエレクトロニカ 2013」にて、
文化庁メディア芸術祭(Japan Media Arts Festival)との共同企画、
A New Platform for New Memories“(新しい記憶のための舞台)が開催。詳細

“BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW” / SOL CHORD が展示されます。

 

ARS ELECTRONICA 2013
Japan Media Arts Festival “A New Platform for New Memories”
会期:2013年 9月 5日- 9日
会場:アルスエレクトロニカセンター、 ブルックナーハウス、
OKセンターほかリンツ市内(オーストリア)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ARS ELECTRONICA 2013 > “Japan Media Arts Festival”

 

A New Platform for New Memorie

The horrendous 2011 earthquake left deep scars in Japan’s
collective memory. And trauma is a form of remembering. As
this exhibition shows, artists have been endeavoring to come
to terms with this trauma—and presumably will continue to
do so for years to come.

Dolls are an established part of Japanese culture and
tradition. They’re often said to have greater expressive
capabilities than human beings. Supporting testimony to this
effect is provided by virtual singer Miku Hatsune and the
techno-pop group Perfume with choreography on the basis
of motion-capture data.

 

With works by Google Maps 8-bit team (JP), IDPW (JP),
Daito Manabe & Mikiko & Yasutaka Nakata & Satoshi Horii & Hiroyasu Kimura (JP),
Nukeme (JP), Yuki Sano (JP), rrrrrrrroll (JP),
Sol Chord (Shinjiro Maeda, Rina Okazawa / JP).

 

Thu 5. 9. 10:00 – 19:00
Fri 6. – Sat 7. 9. 10:00 – 17:30
Sun 8. – Mon 9. 9. 10:00 – 19:00
Brucknerhaus


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「映像作家100人 2013」JAPANESE MOTION GRAPHIC CREATORS 2013

ISBN:978-4-86100-868-9
発売日:2013年4月23日
出版:ビー・エヌ・エヌ新社
編集:庄野祐輔、古屋蔵人、藤田夏海

 

特集は国内の5つの学校を紹介する「映像が学べる学校」
光栄なことに IAMASが紹介されました!
(多摩美術大学、武蔵野美術大学、京都精華大学、東京藝術大学、IAMAS)
IAMAS卒業生の多様な作品群も(ちょこっと)掲載。

 

“NHK 紅白歌合戦” 嵐・Perfumeの映像演出(2012)
 Creative Director+TechnicalDirector: 真鍋大度
“ARART”(2012)※AR・アプリ
 Director: 白鳥啓  向井丈視 パク ヨンヒョ
“complex composition”(2010)※AudioVisual
 Director: 安田到

“Immersive Room”(2012)※アニメーション
 Director: 澤村ちひろ
“TRAVITA”(2012)※Lifelog・アプリ
 Director: パク ヨンヒョ
“安楽島”(2010)※ポスト・ドキュメンタリー
 Director: 鈴木光

 

(映像作家クリエイティブファイル100: 040 に”真鍋大度”が掲載)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013.05.25
Japan Day Düsseldorf/NRW “Directors Lounge”
Black Box Kino in the Filmmuseum Düsseldorf

ドイツのデュッセルドルフで毎年開催される「日本デー」
そのの関連イベント”Directors Lounge”にて、
“BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW”から6本が上映されました。

 

curated and presented by Julia Murakami and André Werner


木村悟之 Kimura Noriyuki “Our Place”
前田真二郎 Maeda Shinjiro “ITO-kun”
上峯敬 Uemine Satoshi “Monju”
有川滋男 Arikawa Shigeo “G・I”
安野太郎 Yasuno Taro “A Very Merry Unbirthday to you!”
マトロン Matron “MONUMENT 3”

 

 

 

 

Short Cuts To Japan – Black Box Kino in the Filmmuseum 
日本デー Japan Day Düsseldorf/NRW 

 

今回の6作品は Julia と André によるセレクション。
デュッセルドルフ在住の木村悟之が上映会に参加。(写真送ってくれて感謝!)
日本の短編映画の合間に”BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW”が
上映される構成が新鮮だったとのこと…


大木裕之 presents「超 たまたま11」

2013年 5月 1日(水)– 6月 1日(土)@武蔵小金井  シャトー2F 

展示:14:00-20:00(月・火定休)
500 円 (ワンドリンク付き) ※イベントは別途

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『日々”hibi” AUG 5 years mix (2008-2012) 』/映像(ループ再生 8min.)  +  写真(半立体)

前回の「たまたま 11」に引き続き、参加しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

大木裕之presents『超たまたま11』

2003年から武蔵小金井で毎年開催されている映像作家、大木裕之主催のアートイベント。
大木と縁のある多種多様なアーティストが参加し、平面作品、インスタレーション、
映像作品など様々な作品が展示されます。会期中に随時、新たな作品が加わり、
展示空間は日々、変化していきます。

主催:NPO法人アートフル・アクション/大きい木/SPI/FOUプロ

 

「超たまたま11」イベント情報 →

5/18(日) 20:00 –
・久保田晃弘(ミュージシャン) ブレッドボードギター/ライブパフォーマンス
・新堀学(建築家)トーク

5/26(日) 17:00 –
・福間健二 (詩人・映画監督) /POETRY READING

5/30(木) 20:00 –
・桂英史(東京芸術大学教授)/「超たま論」トーク
・シニギワ(長嶌寛幸、松井茂)/ライブ

6/1(土)  19:00 –
クロージングイベント・パーティー

五所純子(copyvaginas)/多田正美(サウンドパフォーマンス)/中ザワヒデキ(耳から回虫)
HIKO ×大木裕之(ドラムライブ)/DJ Mahler (DJ )×大野糺(モハン・ヴィーナ)
三線フォークデュオ 幸野夫妻(ライブ)/アマノトシオ(keyboard )/メガネ(pole dance )
キムレモン(シャトー・)/うん治療院(一周年記念/鍼灸)/broom&bloom(お菓子)
談話室滝沢/F 2(Funny)/DJ ピロピロ×クミコスキー(新作バレエ『100、01年後の祭典』)

 

展示作家:

加茂昂(小豆島の猫)
西村知巳(写真+文章)
半田真規(マイクロポッポ)
中島大輔(写真群)
永畑智大(smart )
今泉浩一×岩佐浩樹(映画「偏陸の武医道」)
有賀慎吾(黄色い救急車)
田中里美(映像作品)
海野貴彦(わくわく三津浜(初))
前田真二郎(半立体作品)
龍門歩(わ)
鵜飼悠(シャ)
新井宏輔(文学インスピレーション)
超くそmura(たまたま村野は、)
横山裕一(ハイパー漫画/ARATANIURANO)
小西真奈(油画/ARATANIURANO )
有馬かおる(踏まれたドローイング
利部志穂×川西隆史(アーティスト夫婦と子供)
戸田祥子(ミタカ?)
能勢伊勢雄(岡山PEPPER LAND/松澤宥写真)
友清ちさと(宗像)
ACUTE(アフターグラフィティ)
五所純子(まんたく)
山下拓也(Ongoing )
長島有里枝(新作写真3点)
中ザワヒデキ(右斜め)
伊佐治雄吾(イサジパターン)
緒方桜奈(インターン)
彦坂尚嘉(超高温プラズマ)
DJ ぷりぷり(浅草橋天才算数塾)
ちくわ(竹田篤生彫刻)
建築吉里(くま)
m2c(フライヤー)
大木裕之(時間)


イメージフォーラム・フェスティバル2013 にて
“BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW Omnibus 2011-2013” が上映されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上映スケジュール:
東京 4/28  13:45- 5/5   18:45- (パークタワーホール)
京都 5/19  19:00- (京都シネマ)
福岡 6/7 16:20-(福岡市総合図書館)
名古屋 6/16  11:30-(愛知芸術文化センター)
横浜 7/13 18:45-(横浜美術館)

 

<IFF 2013フライヤーより>
映像作家・前田真二郎の指示書による映像制作を呼びかけた本プ
ロジェクトは、山形国際ドキュメンタリー映画際、恵比寿映像祭、
文化庁メディア芸術祭など多数の映画祭で話題を呼んだ。現在ま
で集まった60を超える作品からセレクトされた最新のイメージフ
ォーラム・フェスティバル・ヴァージョンを上映。現代美術家の
高嶺格やアニメーション作家の若見ありさなど映像の領域を超え
て作家が参加している。

 

BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW Omnibus 2011-2013
企画:前田真二郎/ デジタル/80 分/2011-2013

参加作家:
前田真二郎、有川滋男、崟利子、岡本彰生、萩原健一、齋藤正和、
石川多摩川、若見ありさ、TANJC、池田泰教、高嶺格、大木裕之、
五十嵐友子、マトロン、鈴木光

 

neoneo web【Interview】
第27回イメージフォーラムフェスティバル 山下宏洋さん
(『BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW』が紹介されています)

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

  

 

 

 

 

星座 Constellation /2009

 

山形ドキュメンタリーフィルムライブラリー 金曜上映会

〈前田真二郎監督・ゼロ年代短編特集〉

2013年 4月26日(金) 14:00- 19:00- (2回上映)
会場:山形ドキュメンタリーフィルムライブラリー試写室
主催:特定非営利活動法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭

 

『on 02』2003/5分
『中也を想い、サンボする』2006/10分
『Wedding 結縁』2007/15分
『a video sketch “Songs of Imaginary Far East Islands”』2007/20分
『BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW SAWA NO IKE』2008/10分
『星座 Constellation』2009/20分

◎ 上映後、トーク有り


大木裕之プレゼンツ「たまたま11」

2013年 3月26日(火)– 4月 4日(木)@武蔵小金井  シャトー2F 

 

 

 

 

 

 

 

 

『日々”hibi” AUG 5 years mix (2008-2012) 』 /映像(ループ再生 8min.)  +  テキスト

 

イベント詳細 

◎展示

戸田祥子 Maji クソムラ 西村知巳 利部志穂×川西隆史 彦坂尚嘉
中ザワヒデキ 前田真二郎 後藤天 中島大輔 アライコウスケ
横山裕一 奥原浩志 ACUTE 半田真規 有馬かおる 友清ちさと
太田翔 DJ ぷりぷり 北岡稔章 長島有里枝 泉太郎 山本現代
小西真奈 大木裕之

◎パフォーマンス、ダンス、トーク、上映系

岩田草平 安野太郎 多田正美 ナナコ×RyoNishimaki 田口アヤコ
TASKE 松井茂 中ザワヒデキ 松原東洋 カンノケント F2(FUNNY )
アマノトシオ DJ ピロピロ×クミコスキー うん治療院 片山かおる


  

 

 

 

 

 

 

 

 

山形ドキュメンタリーフィルムライブラリー 金曜上映会
〈土曜特別企画:シネマてつがくカフェ@山形〉

『日々”hibi” 13 full moons』&『hibi AUG』

2013年 3月23日(土) 13: 00 - 
会場:山形ドキュメンタリーフィルムライブラリー試写室
主催:特定非営利活動法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭
共催:てつがくカフェ

『日々”hibi” 13 full moons』/2005 /96 min.
『hibi AUG』/2008-2013 /51min.

※上映後 シネマ・てつがくカフェ(ファシリテーター・奥山心一朗)

 

長編と中編の2本立てのプログラムでボリュームを心配してましたが、
上映環境の整ったシアターだったので、満足のいく上映会となりました。
また、上映後の「シネマてつがくカフェ」は2時間に渡って、
観客のみなさまから作品についての言葉をいただきました。
貴重な機会に感謝!


 

 

 

 

 

 

 

IAMAS 2013
Graduation and Project Research Exhibition
情報科学芸術大学院大学
第11期生修了研究発表会・プロジェクト研究発表会  

会期:2013年2月21日(木)〜 24日(日)
会場:ソフトピアジャパン・センタービル
時間:10:00–18:00(初日のみ13:00から)
主催:情報科学芸術大学院大学[IAMAS]

“BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW Omnibus 2011-2012″を上映しました


 

 

 

 

 

 

2月13日から24日までの12日間、国立新美術館 にて

『BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW』(web)が展示されました 

 

◎ 2月12日 第16回 文化庁メディア芸術祭 贈呈式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度、SOL CHORD(前田真二郎 + 岡澤理奈)が、
第16回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 優秀賞をいただきました。

本企画の呼びかけに応えて参加いただいた  31名の作家の皆様、
オムニバス・ムービーの上映の機会を与えてくださった映画祭関係者の皆様、
そして、たくさんの作品の中から本作を見つけていただいた審査員の皆様、
心より御礼申し上げます。

私が所属するIAMAS の「新しい時空間における表現研究プロジェクト」メンバー、
IAMAS 教員の方々からのサポートも少なくありませんでした。
この場を借りて、感謝の意を表します。

ありがとうございます!

 

2月14日  20:10~  サテライト会場・シネマート六本木

『BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW Omnibus 2011- 2012』
トーク:SOL CHORD(前田真二郎 + 岡澤理奈)
モデレーター:津田広志(フィルムアート社編集長)

トークと上映、無事終了しました。モデレーター・津田広志さん、
ご来場いただいた皆様、ありがとうございます!

2012年に、津田広志さんの企画で『BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW』を
とり上げて頂いたことがあり、今回、モデレーターをお願いする運びとなりました。

FILM ART 通信 オーディエンス革命  No.1  映画は孤独ではない /津田広志


 

 

 

 

 

 

第16回文化庁メディア芸術祭 アート部門で優秀賞に選ばれました。

32名の作家による60作品を公開中 

 

<オムニバス・ムービー上映歴>

Distant Observations. Fukushima in Berlin  /Kunstraum Kreuzberg/Bethanien(ドイツ)

オルタ- ナラティブ|物語の網み目に/アツコバルー  

・文化庁メディア芸術祭 国内外巡回展(国内外14カ所)

・福島映像祭/ポレポレ東中野 

・ARS ELECTRONICA 2013  “A New Platform for New Memories”(オーストリア)

・Japan Day Düsseldorf/NRW “Directors Lounge” (ドイツ)

・イメージフォーラム・フェスティバル 2013

/パークタワーホール、京都シネマ、福岡市総合図書館、愛知芸術文化センター 

・第16回文化庁メディア芸術祭 受賞作上映会 /シネマート六本木 

・ドキュメンタリー・ドリーム・ショー/オーディトリウム渋谷・ポレポレ東中野 

・a.Laboからの応答 / ソフトピアジャパン ドリーム・コア 

・Muestra Joven ICAIC 2012(キューバ映画祭) 

・「ともにある Cinema with Us」in 東京/東京藝術学舎 

・第4回 恵比寿映像祭「映像のフィジカル」/東京都写真美術館 

・第16回 アートフィルムフェスティバル/愛知芸術文化センター 

・”BETWWEN YESTERDAY&TOMORROW” in KOBE /神戸映画資料館 

・山形国際ドキュメンタリー映画祭 2011 /ニュー・ドックス・ジャパン プログラム 


back