2000年の噴火によって全島民が島外へ避難し、2005年2月1日に避難指示が解除された。
しかし、雄山中腹にあった公共牧野は数mの火山灰が積もったままで、
2007年1月現在島の45パーセントは未だに立ち入り禁止となっているほか、
一時的な観光客も含めた島の滞在者全員に脱硫マスクの携帯が義務付けられている。
 
Wikipedia「三宅島」より
 
 
 
LINKS
三輪眞弘
手順派
naya collective Ltd.
 
 
 
 
 


back